自賠責保険は正式には自動車損害賠償責任保険と呼び略すと自賠責保険と言うものになります。77-6-70

このような保険は別名、強制保険とも呼ばれていて自動車を決められた期間ごとの車検に出すときには、その車検の期間に適用される自賠責保険に加入していなければなりません。77-7-70

要は、すべてのクルマが加入する必要があるものです。77-2-70

では自動車が自賠責保険に加入したまま売りに出したケースではどうか考えてみたいと思います。77-18-70

自動車損害賠償責任保険は車検のときに更新になるケースがあるものですが、仮に強制保険(自賠責保険)に加入した車を手放したケースでは保険料が返還されることは全然ないでしょう。77-20-70

なぜなら自賠責保険の加入を一旦消して、次の保有者に移行することはなかなか面倒くさいのです。77-16-70

ですので自賠責保険の場合は名義変更後に車とともに渡すということが一般的です。77-3-70

しかしながら、それと同じだけの額を商品代に上乗せしてくれます。77-10-70

自動車損害賠償責任保険は自動車税と違って既に納めた保険額を1ヶ月単位で割った金額が戻ってくるのではなく見積額に乗っけるというような手段をとることが通常ですがこれが査定表に載ることはほぼありません。77-8-70

なので車買取の場合には強制保険の分の額が見積額に入っているかを注意してください。77-4-70

あなたが納付した保険料がどれだけかだけでもわかっていれば、見逃すことはないといえます。

その自賠責保険の額は加入期間により違うため注意が必要です。

車の買取時には保険の名義を書き換えすることを忘れずに。

仮に名義変更をせずに放っておいたら保険会社から自賠責保険の満了便りが届いてしまいます。

手放すか悩んでいるマイカーが少しでも損をせずに売却できることを応援したいと考えています。


77-19-70 77-15-70 77-9-70 77-11-70 77-12-70