「クレーム」という言葉は現在の経済社会において切っても切り離せない言葉となっています。

現代のストレス社会に生きる人にとって「クレーム」は半ば「日常の事」としてクレームを出す人はそう捉えています。

「クレーム」を企業にいつも出している人ほど、現実での生活が思う様に上手く行っていない人が多いと思います。

「クレーム」は出す方は思いのままに自分で「クレーム」の強弱をつける事は自由ですが、「クレーム」を受ける担当者側の人はそういう訳にもいきません。

常に平身低頭謝り続ける事しか「クレーム処理担当」の人には選択肢が許されていないのです。

漫画の様な話ですが、企業には「クレーム処理担当」の人の「クレーム」を「処理する」社内係の人達が居る企業が少なくなありません。

それ程「クレームを受ける」というのは精神的に重労働なのです。

「クレームを受ける」人達も仕事の経験を積むにつれて、「クレーマー」の対処方法を身につけてゆく様になると多少はストレスが経験されてくるとのこと。